メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜「優遇」で首相釈明「事務所チェックに限界」「最終責任は内閣府」 参院予算委

参院予算委員会で「桜を見る会」を巡る問題についての自らの答弁で質疑が止まり、委員長席に集まる与野党の議員たちに発言する安倍晋三首相(奥)=国会内で2020年1月29日午前9時24分、川田雅浩撮影

 首相枠は「優遇」されているのか。安倍晋三首相と全閣僚が出席した29日の参院予算委員会で、野党は、衆院に続いて首相主催の「桜を見る会」を巡って追及した。安倍事務所が後援者や知人、友人を「ノーチェック」で幅広く推薦していた可能性がさらに色濃くなり、野党は「公的行事の私物化疑惑がより深まった」と批判を強めている。

 「事務所でチェックするといっても限界がある」。首相は、安倍事務所が桜を見る会に推薦した人について、立憲民主党の蓮舫参院幹事長に「(桜を見る会の招待者に)ふさわしいか確認したのか」と尋ねられると、こう開き直った。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです