メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井案里氏へ支出の1億5000万円 首相「全て執行部。報告受けていない」

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年1月29日午後1時11分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で、昨年の参院選で自民党の河井案里参院議員側に党本部が計1億5000万円の政治資金を支出したことについて「全て党の執行部に任せている。報告は受けていない」と述べた。立憲民主党の杉尾秀哉氏への答弁。

 また首相主催の「桜を見る会」を巡り、会の飲食物の提供業務を請け負ってきた「ジェーシー・コムサ」の役員について「(妻昭恵氏の)昔からの友人で、私自身もよく知っている」と言及した。業務受注では「一切、依頼を受けたことはない」と強調した。

 菅義偉官房長官は、会の推薦者名簿の存否の調査について「何回も調べさせているが、ないことが明快だ」と全否定した。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです