メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井案里氏へ支出の1億5000万円 首相「全て執行部。報告受けていない」

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年1月29日午後1時11分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で、昨年の参院選で自民党の河井案里参院議員側に党本部が計1億5000万円の政治資金を支出したことについて「全て党の執行部に任せている。報告は受けていない」と述べた。立憲民主党の杉尾秀哉氏への答弁。

 また首相主催の「桜を見る会」を巡り、会の飲食物の提供業務を請け負ってきた「ジェーシー・コムサ」の役員について「(妻昭恵氏の)昔からの友人で、私自身もよく知っている」と言及した。業務受注では「一切、依頼を受けたことはない」と強調した。

 菅義偉官房長官は、会の推薦者名簿の存否の調査について「何回も調べさせているが、ないことが明快だ」と全否定した。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです