英、5Gで「ファーウェイ」一部容認 米国から「失望した」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 英政府は28日、次世代通信規格「5G」について、中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製の設備の使用を一部認めることを決めた。これに対し、安全保障上の脅威を理由に各国にファーウェイ製品の排除を求めていた米国からは「失望した」との声が出ており、英国の欧州連合(EU)離脱後に始める米英の通商協議などに影響する可能性もある。

 英政府は同日開いた国家安全保障会議(NSC)で、5Gの通信設備の整備で基地局などにファーウェイ製品の使用を認めることで合意した。英国の通信大手は既にファーウェイ製品を使っており、全面的に利用を禁止するとインフラ整備への影響が大きいと判断したとみられる。一方で、通信設備の中核となる部分や、原子力や軍関連施設など高度なセキュリティーが求められる分野での利用は禁止する。また、使用が容認された設備でもフ…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

ニュース特集