メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領が中東和平案発表 イスラエル側の主張反映 今後の交渉は不透明

トランプ大統領=AP

 トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表した。パレスチナ国家の樹立を明記する一方で、エルサレムを分断することなくイスラエルの首都として認め、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸にいるユダヤ人入植者の退去も求めないなど、イスラエル側の主張を多く取り入れた内容。パレスチナ自治政府は発表前から和平案を拒否する姿勢を示しており、今後の交渉の進展は見通せない。

 トランプ氏がホワイトハウスで声明を読み上げ発表した。「現実的な2国家共存」と銘打ち、「テロ活動中止」などを条件にパレスチナ国家樹立を認めた。だが、パレスチナ国家は軍を持たずに安全保障をイスラエルに委ねるとし、主権が著しく制限される。一方で、ヨルダンと国境を接する要衝の「ヨルダン渓谷」の主権をイスラエルに認めるなど、イスラエル寄りの内容となっている。米イスラエル両国は今後、和平案をもとに国境線の画…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです