メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 WHOが専門家チームを派遣 中国と合意

新型肺炎の感染拡大を受け、駅を封鎖するため旅行客の確認を行う治安当局職員=中国・武漢市の漢口駅で2020年1月23日、AP

 世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に対処するため、中国に専門家チームをできるだけ早期に派遣することで中国政府と合意したと発表した。またWHOは先週、感染拡大を巡る状況について緊急事態の宣言を見送ったが、近日中に再検討するとした。

 WHOのテドロス事務局長は27日から中国を訪れ、28日には北京で習近平国家主席らと会談。テドロス氏は声明で「中国はウイルスの感染拡大に対処するため真剣に取り組んでいる。特に首脳の積極的な関与や、デー…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです