自転車コース過酷!? 3泊4日で600キロ、観光誘致でPR 徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
徳島県が提案する「自転車王国とくしま Go aroundコース」(英語版)。県内全域にある公式コース(A~D)を山間部や海沿いの連結コース(青や紫、緑などの線)でつないでいる
徳島県が提案する「自転車王国とくしま Go aroundコース」(英語版)。県内全域にある公式コース(A~D)を山間部や海沿いの連結コース(青や紫、緑などの線)でつないでいる

 徳島県がサイクリング客誘致のために設定した3泊4日のコース「自転車王国とくしまGo aroundコース」に、専門家から「連結部分の山道がかなり厳しく、とても観光向けでない」と疑問の声が上がっている。県担当者は設定前にコースを試走しておらず、「観光誘致したい全地域を走ってもらおうとすると、こういうコースになる。各地域の代表コースの間は車で移動するなどして走ってもらいたい」と一部は車で移動するよう勧めている。【稲生陽】

 県は全国有数の糖尿病死亡率の返上を目指し、県民に国が推奨する1日15分以上の運動に取り組んでもらおうと、2009年度からサイクルイベントを開いてきた。総距離や高低差、拠点施設の駐車場台数なども明示した25の公式コースも専門家と協力して設定。100以上のコースを試走し、初心者も安全に走れることを重視して選んだという。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1115文字)

あわせて読みたい

注目の特集