メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎「武漢からのツアー、奈良公園に1時間」 県庁で対策会議初会合

「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」であいさつする荒井正吾・奈良県知事(右)=奈良県庁で2020年1月29日午前9時9分、新宮達撮影

 中国湖北省武漢市への渡航歴がない奈良県在住の60代の日本人男性が、新型コロナウイルスに感染したことを受け、奈良県は29日、肺炎の拡大を防ぐため、荒井正吾知事を本部長とする「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」の初会合を県庁で開いた。県幹部約20人が出席し、情報収集や関係機関などとの連絡を徹底することを確認した。

 この男性はバスの運転手で、1月8~11日と12~16日の2回、武漢からのツアー客を乗せた。荒井知事は会議で、東京から大阪に向かった2回目のツアーの客29人が成田空港を利用し、16日に奈良市の奈良公園に1時間ほど立ち寄った後、関西国際空港から出国したことを明らかにした。31人を乗せて大阪から東京に向かった1回目のツアーでは、奈良県内に立ち寄らなかったという。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです