メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

 大阪府の吉村洋文知事は29日の記者会見で、感染が判明した奈良県在住のバス運転手の男性と接触した人物が大阪市内の医療機関で入院していることを明らかにした。男性と濃厚な接触があった18人のうちの1人で、感染が疑われ、国立感染症研究所で検体を検査しているという。容体は不明だが、意識はあるという。

 大阪府は府内で感染者が確認された場合、国が公表していない滞在した市町村名や日程を…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです