メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検査待ち帰国者、千葉「勝浦ホテル三日月」が受け入れへ 医師常駐 新型肺炎

中国・武漢から到着したチャーター機=羽田空港で2020年1月29日午前9時38分、本社ヘリから藤井達也撮影

 千葉県は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中国湖北省武漢市からチャーター機で帰国した日本人206人のうち、症状がなく、宿泊施設での経過観察を希望する人について、検査結果が出るまでの間、同県勝浦市の宿泊施設「勝浦ホテル三日月」で受け入れると発表した。

 県によると、28日夜に国から要請があり、受け入れを決めた。厚生労働省と県の職員各2人…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです