メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島で大雨、矢祭・高地原地区また孤立 台風後の仮橋流され12人取り残される

大雨に伴う増水で流失した仮橋(道路とつながる柵の部分)=福島県矢祭町で(近隣住民提供)

[PR]

 昨年10月の台風19号で地区と外部をつなぐ唯一の橋が崩落し、一時孤立状態となった福島県矢祭町高地原地区で29日午後1時ごろ、応急措置で復旧した仮橋(幅約5メートル、長さ約60メートル)が流され、住民が再び孤立状態となった。28~29日に東北地方に大雨が降り、橋が架かる久慈川が増水した影響という。

 町や県災害対策課によると、高齢者ら12人が残されている。ただ、電気や水道などは確保され、当面の食料もあるため大きな混乱は起きてはいない。

 仮橋は大型のパイプを横に並べ、その上に土のうや砂利を敷いた簡易な構造。崩落現場の下流に設置されたが、県内各地で1月の観測史上最大を記録する大雨に見舞われた29日、流されているのが見つかった。

 県は今後、崩落した本来の橋の横で現在進めている別の仮の橋の工事を急ぐ。また、地区を走るJR水郡線の鉄橋を住民が歩いて渡れるよう、JR東日本と町が協議するという。【柿沼秀行、高橋隆輔】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです