メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国と空路でつながる地方で感染防止対策が本格化 学校、高齢者施設など 新型肺炎

国内での新型肺炎の感染拡大を防ぐため、サーモグラフィーでの体温検査を徹底する仙台空港の検疫所=宮城県名取市、岩沼市で2020年1月29日午後4時22分、藤田花撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎の患者が国内で相次いで確認されていることを受け、中国の各都市と空路でつながっている地方でも不安が広がり始めた。空港での感染者の早期発見のほか、学校や高齢者施設などでの集団感染の防止策が本格化している。

 28日に初めての患者が確認された北海道では、その日のうちに対策本部会議が設置され、初会合が開かれた。

 患者は中国湖北省武漢市在住の40代女性で、21日に来日し、東京都内に宿泊後、22日から知人ら2人と道内各地を観光していた。26日に発熱など体調不良を訴え、27日に道内の医療機関を受診し、国立感染症研究所(東京)で陽性と確認された。現在、札幌市内で入院治療中という。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  5. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです