メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

[PR]

中国・武漢から帰国し救急車で運ばれた人たちの病状などについて記者会見で説明する荏原病院の芝祐信副院長(左から3人目)、東京都立駒込病院の今村顕史感染症科部長(同4人目)ら=都庁で2020年1月29日午後5時25分、滝川大貴撮影

 政府チャーター機の帰国者を受け入れた東京都は29日、指定医療機関に搬送しウイルスに感染しているか確認するなど対応に追われた。

 都は都立や都保健医療公社の4病院で、感染症患者の受け入れに向けて準備を進めていた。この日、体調不良などで病院搬送されたのは、30~50代の男女5人。このうち4人の搬送先となった荏原病院(大田区)には、朝から多くの報道陣が詰めかけた。午前10時50分ごろから、帰国者を乗せた救急車が次々と到着し、専用入り口から運び込まれた。駒込病院(文京区)にも、飛行機を降りた後に吐き気を訴えた50代の女性が搬送された。

 都や両病院の幹部は午後5時から都庁で記者会見を開き、5人の症状を説明した。荏原病院の芝祐信副院長は、受け入れた4人全員が昼食を取ったことを明らかにし、「いずれも体は安定している」と述べた。駒込病院の50代女性は呼吸器に症状がなく、「できれば帰りたい」とも話したという。

 一方、芝副院長は「患者、家族ともに不安を抱えるのは当然だ。今後、フォローしていかないといけない」と精神面のケアに力を入れる考えを示した。今後もチャーター機による帰国が続く見通しで、都病院経営本部の樋口隆之部長は「国との連携をしっかり図っていきたい」と語った。【大久保昂、森健太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです