メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武漢チャーター機「1人8万円」に賛否 茂木外相「これまでも本人負担」

中国・武漢から到着したチャーター機=羽田空港で2020年1月29日午前9時38分、本社ヘリから藤井達也撮影

 中国・湖北省武漢市などで感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎で、日本政府がチャーター機の運賃として、1人あたり8万円を請求することに関し、ネット上では「あまりに高い」「本人負担で当たり前」などと議論を呼んでいる。29日の参院予算委員会でもチャーター機の運賃について取り上げられ、茂木敏充外相は「これまでも本人に負担してもらっていることもあり、今回も同様の措置にしている」と説明した。負担はどうあるべきなのか。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

「正規料金をベースに算出」

 外務省によると、同省がチャーター機利用に関する契約書を航空会社と結び、料金については「正規料金をベースに算出した」と説明。経済的な事情で運賃を負担できない場合は「個別に対応することもあるが、基本的には、料金がかかることを前提として、みなさん希望を出している」と話した。

 ツイッター上では、28日に「1人8万円請求」のニュースが流れると、「あまりに高い」「出せない人は帰れないんだ」など、料金設定への疑問が飛び交った。

 今回のチャーター便を運航する全日空は、武漢発成田行きの直行便を1月25日~3月1日まで欠航しており、同社広報は「運賃は空席状況や時期によって異なり、平均的な運賃の公表は難しい」と話す。29日現在、武漢空港は封鎖され、一般の航空便は利用できないが、通常であれば格安航空券で往復1万円台~2万円台でも購入できる。

「払えない人置いていくのか」「自費でよくないか」

 29日の参院予算委では、立憲民主党の杉尾秀哉参院議員が「片道8万円の請求、これくらいは政府で出していいのでは」と質問。すると、茂…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文1096文字)

木許はるみ

1985年生まれ、愛知県出身。中日新聞、Business Insider Japan、じゃかるた新聞を経て2020年入社。外国人住民、公害、地方議会の取材をしてきた。アートや科学が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです