メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

搬送の5人は陰性 新たに症状訴えた7人入院へ 新型肺炎帰国第1便

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国湖北省武漢市からの帰国を希望した日本人206人が29日午前、日本政府がチャーターした全日空機(ボーイング767)で羽田空港に到着した。搭乗前の検査で新型肺炎の発症者はいなかったが、30~50代の男性3人と50代の女性2人の計5人に微熱やせきなどの症状があり、東京都内の2病院に搬送された。厚生労働省によると、検査の結果、5人とも陰性が確認されたという。

 症状があった5人は荏原病院(大田区)と駒込病院(文京区)に搬送された。一方、当初症状のなかった201人のうち、同意の得られた199人は羽田空港からバスで国立国際医療研究センター(新宿区)に移動して検査を実施。8人が頭痛や発熱などの症状を訴えた。頭痛の1人を除く7人が入院する予定。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 新型コロナ GoToで免許合宿、賛否 観光庁アクセル「問題ない」/識者「公平性考えるべきだ」

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです