メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚底シューズ「東京五輪では使用可能か」 英メディア報道

ニューイヤー駅伝で多くの選手が履いていたナイキ社製のピンク色の厚底シューズ=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

[PR]

 陸上長距離界で驚異的な好記録の一因として話題を呼び、規制の有無が議論されているスポーツ用品大手ナイキの厚底シューズについて、英ガーディアン紙(電子版)は29日、ワールドアスレチックス(世界陸連)が今夏の東京五輪終了後までは禁止しない見通しであると報じた。

 同紙によると、世界陸連は31日に見解を明らかにする予定。今後はナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズと他社のシューズの性能などを比較して調査する方針。靴底の構造やプレートの角度が選手の走りにどんな影響を与えているかなどを分析したうえで、新たな規則を導入するとしている。将来的に各メーカーが開発した試作品を世界陸連に提出し、承認を受けることも検討する。

 また、他社の製品を含め、東京五輪終了後までは新たなシューズの開発を認めないとしている。

 ナイキの厚底シューズは反発力の強いカーボンファイバー(炭素繊維)のプレートを宇宙産業用の軽くてクッション性のある素材で挟むことで、靴底のクッション性と反発力を両立。世界中のトップ選手が使用し、好記録を連発している。

 世界陸連は競技規則第143条で、シューズについて「使用者に不公平となる助力や利益を与えるようなものであってはならない」と規定しており、厚底シューズの反発力が「助力」に当たるかどうかが論議を呼んできた。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです