厚底シューズ「東京五輪では使用可能か」 英メディア報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューイヤー駅伝で多くの選手が履いていたナイキ社製のピンク色の厚底シューズ=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影
ニューイヤー駅伝で多くの選手が履いていたナイキ社製のピンク色の厚底シューズ=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 陸上長距離界で驚異的な好記録の一因として話題を呼び、規制の有無が議論されているスポーツ用品大手ナイキの厚底シューズについて、英ガーディアン紙(電子版)は29日、ワールドアスレチックス(世界陸連)が今夏の東京五輪終了後までは禁止しない見通しであると報じた。

 同紙によると、世界陸連は31日に見解を明らかにする予定。今後はナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズと他社のシューズの性能などを比較して調査する方針。靴底の構造やプレートの角度が選手の走…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集