メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てつがくカフェ

300回記念 「哲学から始まる2020」開催 終わっても冷めない対話熱

[PR]

 今月こんげつよっか東京都千代田区とうきょうとちよだく毎日まいにちホールで「哲学てつがくからはじまる2020」を開催かいさいしました。2014ねんはるはじまった毎小まいしょう連載れんさい「てつがくカフェ」が30にち一部地域いちぶちいき31にち)に300かいむかえる記念きねんのイベントです。東京都内とうきょうとないとおくは愛知あいち大阪おおさか沖縄おきなわなどから親子おやこ30くみ参加さんか筆者ひっしゃ哲学てつがくしゃ哲学てつがく対話たいわたのしみました。

 このは「てつがくカフェ」の筆者ひっしゃのゴードさん、コーノさん、ツチヤさん、マツカワさん、ムラセさんの哲学者てつがくしゃにんせいぞろい。イラストレーターの熊谷くまがい理沙りささんはそのいてくれました。

 みなさんをまえにマツカワさんこと松川まつかわ絵里えりさんが対話たいわふかめるポイントを説明せつめいしました。

 「一番いちばん大事だいじなのはかんがえることです。かんがえるためにはなしたり、いたりします」

 あれ? 対話たいわなのにはなすのもくのも「かんがえるため」というのはどういうことでしょうか。マツカワさんはつづけました。「かんがえることが、哲学てつがくです。はなしいてもやもやしたり、いろんなかんがえを発見はっけんしたりすると、自分じぶんかんがえがはっきりします。そして、もっとかんがえたくなる。対話たいわたのしめばたのしむほど、かんがえるのが上手じょうずになります」

 さらに「使つかってみたいななつのコトバ」の説明せつめいもありました。ほかのひとはなしたことをよく理解りかいするために「それってどういう意味いみ?」「どうしてそうおもうの?」「たとえば?」などといてみようという提案ていあんです。

 ここでてい中高ちゅうこうがくねんみっつのグループにかれ、えんつくってすわりました。かくグループに哲学者てつがくしゃが1ひとりずつくわわりました。対話たいわのファシリテーター(進行しんこうやく)です。大人おとな進行しんこうやくですが、どもたちと対等たいとう立場たちばはなします。今回こんかいは、なにについてはないたいかという「い」えら自体じたいを「い」としてたのしみました。

 そこにはおとうさんやおかあさんのはありませんでした。大人おとな大人おとな対話たいわをしたからです。「今日きょうはなしてみたいことは?」と進行しんこうやく松川まつかわさんや、ゴードさんこと神戸和佳子ごうどわかこさんにたずねられ「おもかばない」などとこまっている大人おとなもいました。

 どもたちは、自分じぶんかんがえた「い」をかみいたり、発言はつげんしたりして、自由じゆういをしていきました。さてみっつのグループはどんなテーマをえらんだのでしょう。

低学年ていがくねん 「なんでいのちがあぶなくても ひとはチャレンジするのか」

 「ひとはなぜピンチになったときにこうとするのか」「なんで小学校しょうがっこう宿題しゅくだいがあるのか」など、あっといういがあつまったていがくねんグループ。進行しんこうやくはムラセさんこと村瀬智之むらせともゆきさんでした。最後さいご多数決たすうけつで「なんでいのちがあぶなくてもひとはチャレンジするのか」がえらばれました。

 警察けいさつ消防しょうぼうなどのれいから「大勢おおぜいひといのちまもるため」という意見いけんました。「たくさんのひといのち価値かちがあるのはどうしてか」「べつ理由りゆういのちをかけることはあるか」といった疑問ぎもんげかけられるうちに「『大勢おおぜいひといのち』のなかになぜ自分じぶんはいらないのだろう」というさらなるいがかんできたところで時間切じかんぎれとなりました。

 村瀬むらせさんは「ぼくももっとしゃべりたかったとおもうほど、みんながよく発言はつげんをしました。つづきをきたかった」と残念ざんねんそうでした。

中学年ちゅうがくねん 「いじめはなんでこるの?」

 各自かくじかみいたいをゆかならべ、ながめながらえらびました。「なんでおとうと使つかわなければならないのか」も人気にんきがありましたが、決選投票けっせんとうひょうで「いじめはなんでこるのか」に。進行しんこうやくのツチヤさんこと土屋陽介つちやようすけさんが「このいではなうのがつらいはいない?」と確認かくにんしたうえでスタートしました。

 いじめがきる理由りゆうについては「集団しゅうだんなかつよがいる」「友達ともだちがいっぱいいると人間にんげん関係かんけいがこじれる」などがげられました。先生せんせいに「いじめではなくあそびでしょ」とってもらえなかったという経験けいけんかたられ、テーマは「大人おとなやくたないなら、どうしたらいじめはなくせるのか」に。「クラスけをやめたら?」「リーダー禁止きんしにする」などの意見いけんました。

 対話たいわあと参加者さんかしゃ一人ひとりは「今日きょうはいじめのはなしをして、空気くうきがどんよりしてしまうのかなとおもったけれど、はなしをしているうちにいじめのはなしのはずなのにどんどん面白おもしろくなってきて、不思議ふしぎでした」と感想かんそうせてくれました。

高学年こうがくねん 「おかねがなくなったらどうなるの?」

 こうがくねんかみいをいたうえで、そのいをはなしたい理由りゆう一人ひとり一人ひとり説明せつめいしました。そのうえ多数決たすうけつり、えらばれたのが「おかねがなくなったらどうなるの?」。このいをいたひとは「貧困ひんこん問題もんだいをどうにかしたい。おかねがあるから貧富ひんぷがあるのではないか。なくなったらどうなるのか」とかんがえたそうです。

 進行しんこうやくのコーノさんこと河野哲也こうのてつやさんがみんなにきました。「これ、いくらでってくれますか」。これとは、毎日新聞まいにちしんぶんのキャラクター「なるほドリ」のぬいぐるみです。哲学てつがく対話たいわでは、ぬいぐるみやコミュニティーボールと毛糸けいとだまっているひと発言はつげんします。発言はつげんえたら、つぎはなしたいひとわたします。このは「なるほドリ」がその役目やくめたしていました。

 なるほドリの価値かち一人ひとりずついてみると50~2000えんとばらばらでした。もの価値かちひとそれぞれと実感じっかんすると「物々交換ぶつぶつこうかん可能かのうなのか」「おかねはなくても、いいものをたくさんっているひと裕福ゆうふくになるのか」といったあらたないがまれました。


対話たいわふかめるために使つかってみたいななつのコトバ

(1)~ってどういう意味いみ

 言葉ことば意味いみをはっきりさせよう

(2)どうしてそうおもうの?

 理由りゆうかんがえよう

(3)たとえば、どういうこと?

 れいさがそう

(4)それって、本当ほんとう

 おもみがないかたしかめよう

(5)それはいつでもなんにでもてはまる?

 一般的いっぱんてきかどうかかんがえよう

(6)どうやってそのかんがえにたどりいた?

 かんがえの道筋みちすじかえろう

(7)もしもそうなら、どうなるかな?

 実際じっさいとはことなる場面ばめん想像そうぞうしてみよう

=「こども哲学てつがくハンドブック」(アルパカかん)より


対話たいわえて

 最後さいご大人おとな一緒いっしょに、かくグループのテーマと面白おもしろかった意見いけん報告ほうこくいました。どもたちのえらんだテーマに大人おとなたちがおどろいていました。

 そしてイベントは終了しゅうりょう。「まだはなしたかった」というこえかれました。そのためか、かえみちかんがつづけたり、夕食ゆうしょく時間じかん家族かぞく対話たいわをしたひとおおかったようです。後日ごじつ、おとうさんやおかあさんにその様子ようすおしえてもらいました。

 「正解せいかいのないはない」が自由じゆうたのしく、時間じかんりなかったという感想かんそうがいくつもありました(ごめんなさい)。かえみち自宅じたくで「つづき」をたのしんだひともいました。その夕食ゆうしょく家族かぞく対話たいわをしてがり「それぞれのかんがかた確認かくにんして充実じゅうじつした時間じかんごせた」という報告ほうこくもありました。

 あらたないがかんだひとおおかったようです。しょう5のつじ涼子りょうこさん(静岡県しずおかけん)は「哲学てつがくかんがえることはなにがちがうの?」。いもうとしょう2の知里ちさとさんは、ていがくねんいのテーマから「いのちがけでひとたすけたいとおもうかどうかは自分じぶん感情かんじょうめる。ひとにはなぜ感情かんじょうがあるの?」とかんがはじめました。

 しょう5の瀬尾せお真緒まおさん(愛知県あいちけん)は、どもが「ただしい」と発言はつげんをするとき、自分自身じぶんじしん本当ほんとうただしいとかんがえているのではなく、大人おとな社会しゃかいのものさしではかって「ただしい」と発言はつげんするなどとその対話たいわかえっていたそうです。真緒まおさんのおかあさんは「なんだかきゅう目覚めざめちゃったような、大人おとなになったようなかんじでした」とはなしました。


やってみてどうだった?

 終了しゅうりょうのアンケートにかれていた感想かんそう一部いちぶ紹介しょうかいします。

 一人ひとり一人ひとりかんがかたがちがうから、はなうのが面白おもしろいのだなとおもいました。(しょう男子だんし

 いえでもはなしてみようとおもいました。(しょう女子じょし

 自由じゆう自分じぶんおもったことをえて、とてもたのしかったです。らない意見いけんえて、新鮮しんせんでした。(しょう女子じょし

 なかふかめてからはじめれば発表はっぴょうしやすい。(しょう男子だんし

 緊張きんちょうしたけれどはなしてみれば緊張きんちょうけた。(しょう女子じょし

 はなせばはなすほど疑問ぎもんえていってたのしかったです。ちょっと時間じかんすくなかったです。(しょう男子だんし

 哲学てつがく自分じぶんからとおいものだとおもっていましたが、身近みぢかかんじました。(しょう男子だんし

 またひらかれたらたいとおもいました。みんなの意見いけんいて、自分じぶん意見いけんわったところもありました。(しょう男子だんし

 哲学てつがくくとむずかしそうだったけれど、かんがえるだけでいいんだとってびっくりした。(しょう女子じょし

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです