メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

坪内祐三さんの「新しい言葉」

 学芸記者になったばかりの頃、先輩から「切り札の執筆者」を作るように言われた。正確な表現は覚えていないが、万が一、紙面に穴があきそうな事態が生じた時、すぐに寄稿を依頼できる書き手を探しておけ、といったニュアンスである。先輩としては「人脈作りをしろ」とハッパをかけていたのかもしれない。

 私にとっての「切り札」の一人が坪内祐三さんだった。13日に急逝、との予期せぬ報に驚いた。61歳。年末に東京都内であった野間文芸賞贈呈式の会場で声をかけてくれ、元気な姿を目にしたばかりだった。通夜に参列してきた今も信じられない思いだ。

 坪内さんに相談したり、実際にコラムなどを連載してもらったりした企画は数多く、受けた恩恵を記せばきりがない。近現代の文学から歴史、思想、社会風俗まで、とにかく関心の幅と知識が広く、オールマイティーな人だった。私が知るのは一端にすぎないが、書き留めておきたい。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです