メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

坪内祐三さんの「新しい言葉」

 学芸記者になったばかりの頃、先輩から「切り札の執筆者」を作るように言われた。正確な表現は覚えていないが、万が一、紙面に穴があきそうな事態が生じた時、すぐに寄稿を依頼できる書き手を探しておけ、といったニュアンスである。先輩としては「人脈作りをしろ」とハッパをかけていたのかもしれない。

 私にとっての「切り札」の一人が坪内祐三さんだった。13日に急逝、との予期せぬ報に驚いた。61歳。年末に東京都内であった野間文芸賞贈呈式の会場で声をかけてくれ、元気な姿を目にしたばかりだった。通夜に参列してきた今も信じられない思いだ。

 坪内さんに相談したり、実際にコラムなどを連載してもらったりした企画は数多く、受けた恩恵を記せばきりがない。近現代の文学から歴史、思想、社会風俗まで、とにかく関心の幅と知識が広く、オールマイティーな人だった。私が知るのは一端にすぎないが、書き留めておきたい。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです