メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

ステージ /東京

劇団Tomorrow=同劇団提供

[PR]

 ■日本語教師のススメ

 2月15日15時と19時、16日13時と17時、千代田区立内幸町ホール(東京都千代田区、JR新橋駅)。脚本 本多謙太郎▽演出 木島恭▽音楽 二橋潤一▽振り付け 橋本のり子▽出演 空山桂穂、奥井正浩、櫻井遼太ほか。社会人のアマチュア劇団Tomorrowによるオリジナルミュージカル。派遣社員として働く女性は、日本語教師を志して養成学校に入学する。日本語の難しさや外国人との接し方など、いくつもの壁にぶつかるが、さまざまな人々との出会いの中で女性の中に変化が生まれていく――。一般3800円、中学生以下2500円。チケット予約は電話で。090・8644・5728

 ■国立能楽堂3月公演

 (JR千駄ケ谷駅)定例公演=4日13時、狂言「牛馬」善竹隆司、能「朝長」金剛永謹▽普及公演=14日13時、解説・能楽あんない「三つの世界を流れる生田川」横山太郎・立教大教授、狂言「縄綯(なわない)」松田高義、能「箙(えびら)」杉浦豊彦▽定例公演=19日18時半、狂言「鬼瓦」山本東次郎、能「当麻」観世清和▽特別企画公演「能・狂言を再発見する」=27日18時半と28日14時、「おはなし」小田幸子・能狂言研究家と天野文雄・京都造形芸術大教授、狂言「袴裂」、復曲能「岩船」。4、14、19日5000円ほか。27~28日6800円ほか。2月9日予約開始。0570・07・9900

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです