メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「健常者と同様に接して」 左京消防署で車椅子ダンサー講演 /京都

車椅子ダンサーの奈佐誠司さん(中央)と左京消防署員ら=京都市左京区で、同署提供

 京都市左京区の左京消防署で24日、プロの車椅子ダンサーとして国内外で活躍している奈佐誠司さん(51)=大阪府松原市=が「肢体不自由者からみた人権」をテーマに講演した。署員ら約40人を前に、障害者にも健常者と同様に接するよう呼び掛けた。

 奈佐さんは18歳でバイクの自損事故を起こして以来、車椅子生活に…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです