メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国の民有林 違法伐採後の荒廃386ヘクタール ドーム83個分 林野庁資料集計

 全国の民有林で2017年度末現在、少なくとも858件・386ヘクタールが自治体に届け出ずに違法伐採された後、森林が再生しない状態になっている。無届け伐採の全国規模が判明したのは初めてとみられ、伐採後に土砂災害が起きた箇所もある。安倍政権が林業の成長産業化を図る一方、自治体の監視は追いつかず、こうした無届け伐採が今後拡大する懸念も出ている。

 毎日新聞は、47都道府県から林野庁に報告された民有林(天然林と人工林)の伐採跡地に関する内部資料を、同庁への情報公開請求で入手。都道府県が17年度末時点で「無届け伐採後に再造林(植え直し)などがされず、森林が再生していない」と報告した件数・面積を独自に集計した。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです