メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

民間との境界ない時代/生活保護へ圧力/収容所を聖域に

霞ケ関の官庁街や国会議事堂。新たな「公共」のあり方が問われている=東京都千代田区で、中村琢磨撮影

 不祥事が続発する政治と行政、あるいはグローバル化が進む経済でも日本は大きな変化に直面している。この中で吉田徹氏は「公」と「私」の新たな関係に注目し、それぞれの役割を探る。井手英策氏は社会保障費削減の警鐘を鳴らし、石原俊氏は分断や暴力に直面する現代社会における集団性、共同性体験の可能性を訴えた。

 ◆民間との境界ない時代

この記事は有料記事です。

残り4288文字(全文4448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです