連載

月刊・時論フォーラム

藤原辰史氏、山本章子氏、田中研之輔氏が専門知識や研究成果を生かし、政治や経済、社会など時々のホットな話題を論じ合う。

連載一覧

月刊・時論フォーラム

民間との境界ない時代/生活保護へ圧力/収容所を聖域に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
霞ケ関の官庁街や国会議事堂。新たな「公共」のあり方が問われている=東京都千代田区で、中村琢磨撮影
霞ケ関の官庁街や国会議事堂。新たな「公共」のあり方が問われている=東京都千代田区で、中村琢磨撮影

 不祥事が続発する政治と行政、あるいはグローバル化が進む経済でも日本は大きな変化に直面している。この中で吉田徹氏は「公」と「私」の新たな関係に注目し、それぞれの役割を探る。井手英策氏は社会保障費削減の警鐘を鳴らし、石原俊氏は分断や暴力に直面する現代社会における集団性、共同性体験の可能性を訴えた。

 ◆民間との境界ない時代

この記事は有料記事です。

残り4288文字(全文4448文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集