メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」首相枠、優遇色濃く 「チェックに限界」開き直り 参院予算委

「桜を見る会」の問題で「幅広く募ったが、募集はしていない」と述べた前日の自身の答弁を巡り、野党議員が追及のために準備した「募る」と書かれた資料を手にする安倍晋三首相=国会内で29日、川田雅浩撮影

 首相枠は「優遇」されているのか。安倍晋三首相と全閣僚が出席した29日の参院予算委員会で、野党は、衆院に続いて首相主催の「桜を見る会」を巡って追及した。安倍事務所が後援者や知人、友人を「ノーチェック」で幅広く推薦していた可能性がさらに色濃くなり、野党は「公的行事の私物化疑惑がより深まった」と批判を強めている。【野原大輔】

 「事務所でチェックするといっても限界がある」。首相は、安倍事務所が桜を見る会に推薦した人について、立憲民主党の蓮舫参院幹事長に「(桜を見る会の招待者に)ふさわしいか確認したのか」と尋ねられると、こう開き直った。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. スタバ、9日から850店舗で休業 緊急事態宣言対象の7都府県

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです