メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 武漢の500万人どこへ 街は閑散 生活物資不足 封鎖1週間

新型肺炎の感染拡大を防ぐため通行規制され閑散とする武漢市の繁華街=2020年1月26日、ロイター

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で中国湖北省武漢市が封鎖されて29日で1週間。中国メディアは29日、人通りが少なく閑散とした武漢市内の様子を伝えた。各地で消毒や検温が実施されるとともに、肺炎患者のための大規模病院の建設も進む。当局は不足しているマスクや生活物資の供給を急ぎ、商品の値上がりの抑止に努める。

 武漢市の人口は約1100万人。周先旺(しゅうせんおう)市長は26日の記者会見で、封鎖前に「500万人あまりが市外に出た」と明かした。これは武漢に来ていた出稼ぎ労働者など流動人口も含むとみられ、現在900万人が市内にいるという。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです