無国籍「強制退去は無効」 ジョージア出身 逆転勝訴 東京高裁判決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
逆転勝訴判決を受け、思いを語る原告の無国籍の男性=東京・霞が関の司法記者クラブで29日
逆転勝訴判決を受け、思いを語る原告の無国籍の男性=東京・霞が関の司法記者クラブで29日

 難民認定を受けられずに国外への強制退去処分を受けた無国籍の男性(52)が、国に処分の無効などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は29日、男性を難民として認定すべきだと判断し、強制退去処分を無効とする逆転勝訴判決を言い渡した。野山宏裁判長は「男性が地球上で行き場を失うことは明白だった」と述べた。【巽賢司】

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文784文字)

あわせて読みたい

ニュース特集