メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019年度補正予算が成立 参院本会議で採決

参院本会議で2019年度補正予算が与党などの賛成多数で可決、成立し、一礼する(右から)安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、茂木敏充外相、菅義偉官房長官=国会内で2020年1月30日午後7時50分、川田雅浩撮影

 2019年度補正予算は30日夜、参院本会議で採決され、与党などの賛成多数で可決、成立した。

 補正予算の総額は4兆4722億円。政府の経済対策に沿う形で、災害からの復旧・復興費に2兆3086億円▽経済の下振れリスクへの対応に9173億円▽東京五輪・パラリンピック後の経済下支えに1兆771億円――など…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです