かんぽ不正、新たに6万人調査へ 大半が1人で多数契約

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
かんぽ生命
かんぽ生命

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、不利益を受けた可能性のある契約者が新たに約6万人いることが日本郵政グループの内部調査で判明した。これまで約15万6000人を対象に調査してきたが、金融庁などがそれ以外に被害が起きている可能性を指摘し、調査と被害回復を命じていた。約6万人も追加で調べる。

 優先的に調査していた約15万6000人は、保険を乗り換えた契約のうち、保険料の二重徴収など不正が疑われる「特定事案」に該当する。契約数では約18万3000件ある。契約…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

あわせて読みたい

注目の特集