メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリーが300万円ウイスキー「山崎55年」発売 国内のみ100本限定

サントリースピリッツが発売するシングルモルトウイスキー「山崎55年」=同社提供

[PR]

 サントリースピリッツは30日、シングルモルトウイスキー「山崎55年」を6月末に発売すると発表した。国内のみで100本を限定販売し、価格は税別300万円。前回の東京五輪が開催された1964年以前の原酒を使用しており、サントリーでは過去最高酒齢のウイスキーとなる。

 ホワイトオークやミズナラのたるで熟成させた希少なモルト原酒をブレンドした。ミズナラ特有の赤みのある深い琥珀(こはく)色で、濃厚な果物のような香りや、甘く濃厚な余韻が特徴という。

 国内ウイスキー市場は、ハイボール人気を背景とした需要の高まりに各メーカーが対応できず、原酒不足による商品の販売取りやめが相次いでいる。サントリーによると、55年以上熟成した原酒はサントリーが保有する原酒全体の1%未満しかない。この日記者会見した鳥井憲護ウイスキー事業部長は、「100本しかお客様に届けられないことに苦しさはあるが、思い入れが深い山崎ブランドを発売できたことをうれしく思う」と強調した。

 インターネットに特設サイトを設け、全て抽選販売する。応募期間は2月5日午前9時~同14日午前8時59分。【本橋敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです