欧州委も「5G」でファーウェイ排除せず 英国に続き 米で失望広がる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 欧州連合(EU)欧州委員会は29日、次世代通信規格「5G」に関する勧告を公表した。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を念頭に、加盟国にネットワークの中核部分などで特定企業に大きく依存しないよう促したが、米国が求める同社製品の完全排除までは求めなかった。

 28日には英政府が5G分野でファーウェイ製品の一部採用方針を打ち出しており、容認の動きが欧州で広がる可能性もある。ファーウェイは「EUがファーウェイの参入を許可した」と勧告内容を歓迎する声明を出し「安全性、信頼性の強化に向け欧州政府…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集