ゴーン被告と逃亡手助けの米国人、弘中弁護士事務所で面会か 特捜部が面会簿押収

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士(中央)=東京都千代田区で2020年1月29日午後4時37分、小川昌宏撮影 拡大
東京地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士(中央)=東京都千代田区で2020年1月29日午後4時37分、小川昌宏撮影

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に逃亡した事件で、前会長が、逃亡を手助けしたとみられる米国籍の男と、弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所で面会していた疑いがあることが、関係者への取材で判明した。東京地検特捜部は29日、入管法違反事件の関係先として、弘中弁護士の事務所を家宅捜索し、面会簿を押収した。

東京地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士(中央)=東京都千代田区で2020年1月29日午後4時39分、小川昌宏撮影 拡大
東京地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士(中央)=東京都千代田区で2020年1月29日午後4時39分、小川昌宏撮影

 前会長は2019年春に保釈が認められた際、いつ、どこで、誰と面会したかを裁判所に報告する条件を付けられた。関係者によると、面会簿には、前会長がレバノンへ逃亡する前、弘中弁護士の事務所内で、逃亡に協力したと疑われている男と会っていた記録が残っていたという。

 弁護団はすでに面会簿の写しを地検に提出していたが、地検は捜索で原本を押収した。捜索後に取材に応じた弘中弁護士によると、地検は29日、裁判所の令状を持参して事務所を訪問。事務所側が入室を拒否すると、前会長が使っていた部屋の鍵を破壊して入室し、キャビネットの鍵も連れてきた業者に開けさせていたとしている。

 前会長は保釈中、弘中弁護士の事務所内にあるパソコンに限って使用を認められており、地検は8日にも令状を持参してパソコンを差し押さえようとしたが、弁護団は刑事訴訟法上認められている「押収拒絶権」に基づいて拒否した。29日もこれまでと同様、パソコンの引き渡しには応じなかったとしている。

 地検は、弁護団の中心メンバーだった弘中弁護士と、高野隆弁護士に任意の事情聴取を打診しているが、実現していない。弘中弁護士は捜索を受けたことについて「不愉快だ。どう落とし前をつけようか考え中」と話した。弘中、高野両弁護士は16日に前会長の弁護人を辞任していた。【遠山和宏、金寿英、志村一也】

あわせて読みたい

注目の特集