メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退職金29億円未払い 1万1000人 臨時教員に追加支給へ 埼玉県と3市

埼玉県庁=さいたま市浦和区で、内田幸一撮影

 埼玉県教育委員会は29日、2015年度以降に退職した臨時的任用教員(臨時教員)の退職金の一部に計算ミスがあり、9730人に計約26億8400万円の未払いがあったと発表した。さいたま市、川口市、川越市も同様の計算ミスがあったと発表し、未払い総額は約1万1000人に対して約29億4000万円に上る。県と各市は追加支給の手続きを進める。【山越峰一郎、鷲頭彰子】

 県教委によると、県で未払いだったのは15年4月~19年12月に退職した小中高と特別支援学校の臨時教員で、未払い額は1人あたり約6万~52万円。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです