武漢からのチャーター機第2便が羽田到着 210人帰国 発熱の2人搭乗できず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
到着した中国・武漢からのチャーター機=羽田空港で2020年1月30日午前8時53分、喜屋武真之介撮影
到着した中国・武漢からのチャーター機=羽田空港で2020年1月30日午前8時53分、喜屋武真之介撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中国湖北省武漢市などから日本人を退避させるため、日本政府がチャーターした全日空機が30日午前、武漢から羽田空港に到着した。同市に滞在していた日本人210人が帰国したが、うち13人に微熱やせきなどの症状があり、指定医療機関に搬送した。また、武漢の空港で行われた中国側の検疫で2人に発熱などの症状が確認され、チャーター機への搭乗が認められなかった。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文842文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集