メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上皇さま、脳梗塞などの所見なし 経過観察へ 30日朝はいつも通り朝食

新年の一般参賀で、集まった人たちに手を振られる上皇さま=皇居・宮殿東庭で2020年1月2日午前11時50分、手塚耕一郎撮影

 宮内庁は30日、上皇さま(86)が29日午後6時半ごろ、住まいの皇居・吹上仙洞(せんとう)御所内で一時的に意識を失って倒れられたと発表した。30日午前に宮内庁病院で検査したが、症状の原因につながる脳梗塞(こうそく)などの所見は見つからなかった。入院はせず、御所で経過観察する。

 上皇さまは、私的な外出から戻って入浴した後、倒れたという。そばにいた上皇后美智子さまが体を支え、頭を床に打つことはなかった。美智子さまが非常ブザーで呼んだ侍医らが駆けつけた際に上皇さまの意識はなく、いびきのような息づかいをしていた。診察を受け始めて間もなく意識が戻った。職員によって担架で寝室に運ばれ、医療的措置を受けた。29日は…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです