メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファクトチェック

新型肺炎で「東京五輪中止」の情報、なぜ拡散? 組織委は「検討していない」

情報サイト「BUZZAP!」に掲載された記事=同サイトから引用

 インターネット上で30日早朝から、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で「東京オリンピックが中止される」という情報が広がった。東京五輪・パラリンピック組織委員会は「中止は検討していない」と否定しているのに、なぜ、“五輪中止騒動”にまで発展してしまったのか。【倉沢仁志、山口朋辰/統合デジタル取材センター】

 ことの発端は、情報サイト「BUZZAP!(バザップ!)」によるニュースとみられる。1月29日午後8時過ぎに「東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議」というタイトルで記事を配信した。

 記事は、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と新型コロナウイルスの肺炎対策を巡って協議したことが、ドイツのDPA通信によって報じられた、と紹介。その上で、「東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります」と結論づけた。これが他の情報サイトにも取り上げられ、見出しの影響もあってか、ツイッターで拡散され続けた。5万件以上の関連ツイートを記録し、「東京オリンピック中止」のキーワードはツイッターのランキング上位にも入った。

 実際に配信されたDPA通信の記事は、IOCとWHOが協議したことや、取材に対するIOCの…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです