メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファクトチェック

新型肺炎で「東京五輪中止」の情報、なぜ拡散? 組織委は「検討していない」

情報サイト「BUZZAP!」に掲載された記事=同サイトから引用

 インターネット上で30日早朝から、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で「東京オリンピックが中止される」という情報が広がった。東京五輪・パラリンピック組織委員会は「中止は検討していない」と否定しているのに、なぜ、“五輪中止騒動”にまで発展してしまったのか。【倉沢仁志、山口朋辰/統合デジタル取材センター】

 ことの発端は、情報サイト「BUZZAP!(バザップ!)」によるニュースとみられる。1月29日午後8時過ぎに「東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議」というタイトルで記事を配信した。

 記事は、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と新型コロナウイルスの肺炎対策を巡って協議したことが、ドイツのDPA通信によって報じられた、と紹介。その上で、「東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります」と結論づけた。これが他の情報サイトにも取り上げられ、見出しの影響もあってか、ツイッターで拡散され続けた。5万件以上の関連ツイートを記録し、「東京オリンピック中止」のキーワードはツイッターのランキング上位にも入った。

 実際に配信されたDPA通信の記事は、IOCとWHOが協議したことや、取材に対するIOCの…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです