メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市長「中国本土からのクルーズ船拒否すべきだ」 自身ブログで

高島宗一郎・福岡市長=志村一也撮影

 福岡市の高島宗一郎市長は30日、自身のブログで新型コロナウイルスの感染拡大に触れ「博多港において当面は中国本土からのクルーズ船の寄港の拒否をすべきだと思っています」と持論を述べた。市民の不安に応える目的での発言だが、患者以外の入港阻止にまで踏み込んだ見解は議論を呼びそうだ。

 高島市長はブログで「一度に多くの方が入国されるクルーズ船の動きを中心に不安を持たれている方も多い」と…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

  2. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  3. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです