メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市長「中国本土からのクルーズ船拒否すべきだ」 自身ブログで

高島宗一郎・福岡市長=志村一也撮影

 福岡市の高島宗一郎市長は30日、自身のブログで新型コロナウイルスの感染拡大に触れ「博多港において当面は中国本土からのクルーズ船の寄港の拒否をすべきだと思っています」と持論を述べた。市民の不安に応える目的での発言だが、患者以外の入港阻止にまで踏み込んだ見解は議論を呼びそうだ。

 高島市長はブログで「一度に多くの方が入国されるクルーズ船の動きを中心に不安を持たれている方も多い」と…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  4. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  5. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです