福岡市長「中国本土からのクルーズ船拒否すべきだ」 自身ブログで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高島宗一郎・福岡市長=志村一也撮影
高島宗一郎・福岡市長=志村一也撮影

 福岡市の高島宗一郎市長は30日、自身のブログで新型コロナウイルスの感染拡大に触れ「博多港において当面は中国本土からのクルーズ船の寄港の拒否をすべきだと思っています」と持論を述べた。市民の不安に応える目的での発言だが、患者以外の入港阻止にまで踏み込んだ見解は議論を呼びそうだ。

 高島市長はブログで「一度に多くの方が入国されるクルーズ船の動きを中心に不安を持たれている方も多い」と…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集