メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国立競技場はNO、選手村はOK」 木材生産者泣かせの東京五輪

国立競技場を背に写真撮影する来場者。見上げると目に入る軒びさしには、全国から集めた木材が使われている=東京・国立競技場で2019年12月21日午後2時45分、梅村直承撮影

 東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場は、国産木材を使った軒びさしで囲われ、木のぬくもりにあふれている。46都道府県のスギと沖縄県のリュウキュウマツを使い、産地の方角に配置する粋な設計を施したものの、生産者の「顔」が見えてこない。守秘義務を理由にPRできないからだ。一方、選手村の交流施設には全国63自治体から提供されたスギやヒノキが使われ、生産者は記念式典で紹介された。「国立競技場はNOで、選手村はOK」の理由は何か。【浅妻博之】

 東京・晴海の臨海部にある五輪・パラリンピックの選手村交流施設「ビレッジプラザ」。入村式や大会中に選手らが集う場で、全国63自治体から集めた国産木材を使っている。環境に配慮した大会を目指す大会組織委員会が公募で自治体から木材を借り受けたため、柱や床の角材には自治体名の焼き印が押された。仮設で大会後に取り壊すが、使われた木材は地元に戻り、学校施設などで再利用される。「五輪は地域の資源、魅力を一生懸命磨いて発信するチャンスだと思う」。1月29日の式典で、岐阜県の古田肇知事が63自治体を代表してPRした。

 一方、メインスタジアムとして2019年11月末に完成した国立競技場。明治神宮外苑の緑に溶け込むよう外周の軒びさしや屋根には主に国産のスギが使われているが、47都道府県名が公表されただけで、生産地は明かされなかった。

 「詳しく説明したいが、木材流通業者と守秘義務契約を結んでいるので答えられない」。ある生産者は顔をしかめる。

 建設工事を請け負った大成建設は「個別工事の調達内容について、通常より答えていない」と、調達先の非公開は業界の常識という立場だ。国立競技場を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は「木材が使われたことだけを公表するのは問題ない」と説明するものの、東京五輪・パラリンピックの会場となるため、警備上の理由で、図面や数量など競技場の詳細な設計が推察されることは明かしてはいけないという。これが拡大解釈されているようだ。

 国家プロジェクトへの参入が初めての生産者もいる。これを機に高品質の認証木材を全国にPRしたい思いはあるものの、産地を公表することを前提に集められた選手村の木材とは事情が異なる。守秘義務契約が足かせとなり、業者や生産者の認識もさまざまだ。

 会社のホームページで認証木材が国立競技場に使われたことを紹介している企業もあるが、「広報誌に掲載しようとしたら駄目と言われた」(中国地方の生産者)、「どこまで紹介していいのか線引きがわからない」(東北地方の生産者)など戸惑いの声も漏れる。近畿地方の生産者は「国立競技場に使われたことを取材を受けて初めて知った」と返答した。

 では、どのような国産木材が使われているのか。毎日新聞はJSCに47都道府県の調達先を取材し、それを基に各自治体や森林組合などに聞き取りした。その結果、伝統的な木材が複数含まれていた。

 東日本大震災で津波被害を受けた宮城県南三陸町。海から約2…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文2465文字)

浅妻博之

毎日新聞東京本社運動部。1982年、新潟市生まれ。スポーツ紙で校閲業務をして、2007年入社。山形支局、東京運動部、大阪運動部を経て、18年10月から東京運動部でテニス、バスケット、カヌーなどを担当。リオデジャネイロ五輪も現地取材して、テニス取材も全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の4大大会を制覇した。高麗人参エキスを毎朝飲んで、健康維持を目指す。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 「感染拡大なら一斉休校を」専門家会議が検討要請 新型コロナ、3地域に区分

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 北九州市で21人の感染確認 新小文字病院のスタッフ17人陽性、外来など停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです