特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

「育ての親」と目指す東京五輪 ソフトボール峰幸代 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
5年ぶりにソフトボール日本代表に復帰した北京五輪金メダリストの峰幸代=沖縄県読谷村の読谷平和の森球場で2019年12月13日午前11時13分、細谷拓海撮影
5年ぶりにソフトボール日本代表に復帰した北京五輪金メダリストの峰幸代=沖縄県読谷村の読谷平和の森球場で2019年12月13日午前11時13分、細谷拓海撮影

 一度は競技を離れた2008年北京五輪の金メダリストが、第一線に戻ってきた。ソフトボールの峰幸代(ゆきよ)捕手(32)=トヨタ自動車=が19年末に約5年ぶりに日本代表に復帰。「自分の夢、目標を失わないという気持ちを信じて良かった」。エースの上野由岐子(37)=ビックカメラ高崎、主将の山田恵里(35)=日立=と同じく北京五輪のレジェンドは、「育ての親」と慕う宇津木麗華・日本代表監督(56)への感謝を胸に、今夏の東京五輪代表入りに向けた最後のアピールを続ける。

 千葉・木更津総合高から06年に日立&ルネサス高崎(現ビックカメラ高崎)入り。当時、チームを率いていたのが宇津木監督だった。「捕手は守備の監督」と諭され、「サイン一つの責任の重さや、投手の持ち味を最大限に引き出す重要性を教わった」と峰。試合が終われば「なぜ打たれたのか」「ボールになった1球は本当に必要だったのか」と1球ごとに細かく考えることを求められた。

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文2136文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集