メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[燃費悪いならエンジン車でいいんじゃない?]ハイブリッドの「うま味」が感じられないクルマ3選

情報提供:カートップ

【燃費悪いならエンジン車でいいんじゃない?】ハイブリッドの「うま味」が感じられないクルマ3選

そもそも電動化は環境性能確保のための施策

 クルマの電動化トレンドは加速・拡大する一方です。当面、エンジンはなくならないと言われていますが、それでもほとんどのクルマが電気モーターとエンジンという2つの動力を持つハイブリッドになることは既定路線といえます。そして電動化は、主にCO2排出量を低減するための方策で、それは気候変動に対して自動車業界に課された規制に適応するためといえます。また、ユーザー側としてはハイブリッドを選ぶことで燃費コストの低減が見込まれます。だから、人気を集めているわけですし、増えているのです。

 そんなハイブリッドカーですが、なかにはそれほど燃費性能に貢献していないモデルもあったりします。燃費だけがハイブリッドのウマ味というと語弊があるかもしれませんが、ここではハイブリッドの燃費メリットがそれほど感じられない3モデルを国産ブランドからピックアップしてみました。

1)SUBARU e-BOXER

 まず、紹介したいのはスバルの「e-BOXER」と呼ばれるマイルドハイブリッドシステムを搭載したフォレスターとXVです。この「e-BOXER」、トランスミッション内に10kW薄型モーターを置き、リチウムイオン電池で駆動するというマイルドハイブリッド。エンジンルームに目をやると、それ単体でもマイルドハイブリッドとして機能するISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)&専用鉛バッテリーが確認できます。積極的にモーターだけで走るタイプではなく、あくまでモーターはエンジンのアシストに徹するタイプのハイブリッドとしては最高級なタイプといえるのです。

ハイブリッドなのに燃費が今ひとつなクルマ

 しかしながら、燃費性能ではEV走行も可能なフルハイブリッド(ストロングハイブリッド)には敵いませんし、実際の燃費をみてもガソリン車との違いが圧倒的というほどではありません。アシスト用モーターとISGを併用したハイブリッドシステムと思うと、少々期待外れといえる環境性能だと感じてしまうのです。

ハイブリッドなのに燃費が今ひとつなクルマ

 しかし、スバルe-BOXERはそもそも燃費ばかりを考えたハイブリッドではありません。フォレスター、SUBARU XVというクロスオーバーSUVに求められる悪路走破性に、モーターならではの繊細な駆動特性をもって寄与するハイブリッドシステムなのです。燃費に過大な期待をすると「ウマ味がない」と思ってしまうかもしれませんが、SUVとしての走りを際立たせるためのモーター駆動を持つパワートレインと考えれば納得できる仕上がりです。だからこそ「e-BOXER」という名前をつけているのです。

ハイブリッドなのに燃費が今ひとつなクルマ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです