メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[アマチュアにはもっとも敷居の高いスポーツ!]一般人がレースに出るならどのぐらい費用があれば参戦できる?

情報提供:カートップ

【アマチュアにはもっとも敷居の高いスポーツ!】一般人がレースに出るならどのぐらい費用があれば参戦できる?

年間6戦のワンメイクレースへの参戦で費用は450万円以上!

 モータースポーツは、じつに幅広い。F1トップチームで年間数億円から数十億円も稼ぐ有名レーサーもいれば、いわゆるサンデーレーサーとしてアマチュアレースを楽しむ人たちもいる。マシンのタイプも、四輪ではフォーミュラカー、GTカー、アメリカのストックカー、またレーシングカートなどさまざまある。

 もっとも敷居が低い四輪レースの代表格が、メーカー系のワンメイクレースだ。車両規定もしっかりしていて、マシンはイコールコンディションに近い。そのため、ドライバーの技量が問われる度合いが大きく、ドライバーにとってやりがいがある。

モータースポーツ参戦費用

 そうしたなかで、レースに出場するには実際、どれだけの費用が掛かるのか? 日系ワンメイクレースでの費用を考えると、▽車両代(購入の場合、200~400万円程度)、▽燃料・オイル・タイヤなど消耗品代金が1レースあたり10万円程度、▽エントリー代などの事務費や宿泊費用、移動費用など2~3人分で1レースあたり15万円程度。仮に年間6戦シリーズで車両代金が300万円ならば、450万円ということになる。

 筆者の個人的な経験では、こうした概算はあまり役に立たない。当初計画よりも実際に支払う金額が多くなる場合が多いからだ。要因として考えされることは、大きく2つある。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです