メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

嘘八百 京町ロワイヤル 織部の傷、ゆがみを今

 いわゆる「バディーもの」のコメディー「嘘(うそ)八百」(2018年)の続編。さえない目利きの古物商の則夫(中井貴一)と、腕はいいがくすぶり続ける陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)の名(迷)コンビはそのままに、京都を舞台に新たなキャラクターが加わり大いに笑わせてくれる。

 前作は、2人が「幻の千利休の茶器」をでっち上げて、ある人物へ仕返しを狙う話だった。今作では、贋作(がんさく)仕事から足を洗ったはずの2人だったが、則夫がお宝鑑定のテレビ番組に出演したことをきっかけに、有名古物商「嵐山堂」の2代目社長、嵐山(加藤雅也)と大御所鑑定士の億野(竜雷太)らに過去を暴露されて、再出発した人生に黄色信号がともる。

 そんな則夫の前に現れたのが、和装美人の橘志野(広末涼子)。則夫の店に来るなり「父の形見の茶わんを、認知症の母がだまし取られた」と助けを求めてくる。茶わんは、千利休の後を継いだ武将茶人・古田織部の幻の茶器。志野に一目ぼれした則夫は、佐輔を頼り「人助け」だとして、再び贋作に乗り出してしまう。前作でも佐輔の妻を演じた友近が今作も映画のいいアクセントに。則夫同様、志野に鼻の下を伸ばす佐輔に怒りをぶつける…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです