メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

「アンパンマン」の生みの親、やなせたかしのふるさと 高知・香美 懸命に生きる人への応援歌

 2歳の長女が大好きなテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」。一緒に見ていて、生きることの喜びと悲しみを歌った「アンパンマンのマーチ」に何度励まされたか分からない。作者・やなせたかしさん(1919~2013)の出身地、高知県香美(かみ)市にはご本人の手による歌詞の石碑や記念館があるという。やなせさんの「ふるさと」を訪ねた。【水津聡子】

 フレーベル館の月刊絵本に「あんぱんまん」(初期の絵本は平仮名だった!)が登場したのは1973年。あんパンでできた自分の顔を腹ぺこな人に分けるヒーローは、大人の評判は今一つだったが、子どもから人気に火が付いた。88年には民放アニメ「それいけ!アンパンマン」の放送がスタート。アンパンマン、ばいきんまん以外にも個性的な仲間が描かれ、単独アニメシリーズの登場キャラクター数1768体はギネス世界記録に認定…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです