メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京丹後・チップ工場騒音問題 市長「改善に向け努力」 /京都

 京丹後市の三崎政直市長は30日、木質チップを加工している株式会社丹後グリーンバイオ(同市大宮町森本)の騒音問題について「現実に起きていることについて責任を持って改善に向けて努める」と表明した。この日の定例記者会見で毎日新聞の質問に答えた。

 チップ工場は2億円を超える補助金を投入し、市の主導で開設した。騒音規制法が定める著しい騒音を出す「特定施設」だが、府条例に違反して届け出を出さないまま操業を続けた経緯がある。不眠症を発症した周辺住民は「市や事業者も『特定施設』の意味さえ知らず、操業開始当初から基本的な騒音対策はしなかった。市民の…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです