メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴の踏切事故 重体の82歳死亡 /京都

 舞鶴署は29日、舞鶴市油江の京都丹後鉄道宮舞線上油江踏切で軽乗用車が普通列車(1両編成)と衝突した事故で、車ごと約100メートル引きずられて意識不明の重体となっていた近くの無職、森口寛さん(82)が搬送先の病院で死亡したと発表した。死因は外傷性ショックだった。

 丹鉄によると、事故は同日午後2時55分…

この記事は有料記事です。

残り63文字(全文214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです