メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男女別お薦め店、冊子に 同志社大生ら木津川のカフェとパン屋紹介 /京都

「充電させてもらいました。」で、木津川のパン屋・カフェをPRする井森萌子さん=木津川市役所で、鈴木健太郎撮影

 漢(おとこ)はがっつり、女子はじっくり木津川を堪能―。同志社と同志社女子の両大学学生チームが木津川市と連携し、市の魅力をPRする冊子「充電させてもらいました。」(A4判四つ折り、カラー)を作製した。男女それぞれの視点で、市内でお薦めのカフェ・パン屋を、胃袋と心の“充電スポット”として紹介し、20歳前後の学生世代を中心にアピールする。【鈴木健太郎】

 同志社ローム記念館(京田辺市)を拠点に、両校の学生が企画・立案するプロジェクトチームの課外活動の一環。チームの一つ「きづのもり」が2012年度から木津川市と協力し、「市内のおすすめデートスポット」など、地元愛を込めた魅力発信をしている。19年度の今回はパン屋とカフェをテーマに、木津川市内の計55店舗を調査し、男女別にお薦めの店を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです