メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り部グループ代表・田村さん 震災体験、伝え・残す決意 「今を生きる人のため」活動継続 /兵庫

新長田1番街商店街そばで言葉をかわす「語り部KOBE1995」の田村勝太郎さん(右)とメンバーの長谷川元気さん=神戸市長田区で、小出洋平撮影

 阪神大震災の語り部グループ代表で、元小学校教諭の田村勝太郎さん(78)=神戸市長田区=が悩み抜いた末、2020年以降も活動を続けることを決めた。「肉親を失ってない自分が語り部を続けるべきなんか」。迷いを断ち切ったのは、家族を亡くした同級生や若い仲間の存在と、「自分たちの言葉が神戸を背負う」という使命感だった。【反橋希美、木田智佳子】

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです