メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学内ラウンジ、命名権 神戸大、海運会社と協定 /兵庫

ラウンジの前でテープカットする神戸大とワールドマリンの関係者ら=神戸市東灘区の神戸大深江キャンパスで、山中宏之撮影

 神戸大と海運会社「ワールドマリン」(東京都品川区)は、大学施設のネーミングライツ(命名権)に関する協定を結んだ。深江キャンパス(神戸市東灘区)の海事科学研究科4号館1階にある談話スペースの名称を「WORLD MARINE Lounge(ワールドマリン・ラウンジ)」とする内容で、30日に同キャンパスで記念式典があった。

 ラウンジは学生らが自習や談話に利用する約90平方メートルのスペースで、社名入りの看板や同社の紹介パネルが掲げられた。命名権の期間は2月1日から3年間で、権利料は総額150万円。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです