メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者ら、魂の逸品 県立美術館で作品展 /高知

さまざまな恐竜を並べた「ジュラシックワールド」=県立美術館で、郡悠介撮影

 ハンディキャップのある人による作品展「第23回スピリットアート」が、県立美術館(高知市高須)で開かれている。書道▽工芸▽絵画▽写真▽立体作品などの5部門から計244点が展示されている。

 県などが毎年開いている。対象は県在住か県出身の15歳以上の障害者で、2019年度は1105点の応募があった。

 会場には特選3点、褒状10点、入選23…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 東京都で新たに78人感染 1日当たり最多 永寿総合病院で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです