メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

野党ヒアリング、目的は? 不祥事、官僚に見解問う 国会の行政監視強化=回答・江畑佳明

野党合同ヒアリングで担当者に質問する議員たち=国会内で27日、川田雅浩撮影

 なるほドリ 安倍晋三(あべしんぞう)首相主催の「桜を見る会」については、国会審議以外でも野党が足並みをそろえて政府を追及しているみたいだね。

 記者 「野党合同ヒアリング」ですね。重要な政策課題や政府の不祥事(ふしょうじ)があると、野党の会派がチームを組み、担当省庁の官僚を呼んで見解をただしています。現在はカジノ誘致、自衛隊の中東派遣、前法相夫妻の公選法違反事件、新型肺炎などでも開いています。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです