メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

芸能人と薬物

 自宅で合成麻薬のMDMAやLSDを所持していたとして麻薬取締法違反の罪に問われた女優の沢尻エリカ被告の初公判が31日、東京地裁で開かれる。芸能人やスポーツ選手が薬物犯罪によって、脚光を浴びる舞台から姿を消すことも珍しくない。有名人の薬物事件はなぜ繰り返されるのだろうか。

 薬物を使った芸能人の逮捕や社会的制裁には、新たな薬物使用者を増やさない啓蒙(けいもう)・啓発の効果があると断言できる。ただし、現状ですべて問題なし、ではない。

 私は、30年以上、薬物犯罪の捜査に携わった。主な標的は暴力団など薬物を「売る側」だったが、末端の売人を逮捕しても新聞ではベタ記事にしかならない。芸能人の逮捕ならば、テレビなども連日大きく報じる。沢尻エリカ被告の場合、NHKが彼女を降板させ、大河ドラマを撮り直している。こうした社会的制裁も、「薬物に手を出したら仕事まで失う」ことを示す意義がある。ただし、芸能人は、多くの場合、薬物の使用者でしかない…

この記事は有料記事です。

残り4155文字(全文4571文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです