メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」締め切り3段階 省庁→政治家→首相 優遇際立つ 参院予算委

 政府は30日の参院予算委員会で、昨年の首相主催の「桜を見る会」の招待者に関し、与党などからの「政治家枠」の推薦の締め切りが2月12日だったことを明らかにした。安倍晋三首相の地元事務所が支援者らに送付した会の参加申込書では返信の締め切りを「2月20日」としており、首相推薦枠を「特別扱い」していた疑いがさらに濃厚となった。【野原大輔】

 大塚幸寛内閣府官房長は予算委で「官邸及び与党からの推薦は、(各省庁と同じ)8日ではなく、12日までに出していただきたいとお願いしていた」と述べた。政府答弁の事実関係を確認するため、29日に続き、再質問に立った立憲民主党の蓮舫参院幹事長の質問に答えた。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです